2015年11月8日

血液クレンジングの嬉しい作用を3つご紹介

体内を酸素化するってどう言う事?

体内の酸素化とは、血液はヘモグロビンの作用によって体内に酸素を運んでいますが酸素が行き渡りにくい部位があり、そこに血液を循環させて酸素濃度を上昇させて行く事です。オゾンガスに曝露された血液は直ぐにヘモグロビンが結合して酸素濃度が高まり、虚血になりやすい部位に血液が循環して酸素が離れ易くなるので、体内が酸素化していきます。酸素化すると疲労感がなくなり、肩こりなども改善します。酸化したら身体が錆びつくのでは?と不安になるかもしれませんが、酸化ストレスが軽減されて逆に抗酸化作用が生まれるのです。

血液がサラサラになる?

よく健康になる為に血液をサラサラにしましょうと言われていますが、実際にサラサラにする食事に気を使ってもなかなか実現出来ないですよね。そこで血液クレンジングを行うと血液の流動性が高まりサラサラになるのです。血液がサラサラになると冷え性の改善だけでなく心臓への負担も軽くなりますので、血圧の改善にも役立ちます。冷え性は様々な症状を招くので、原因が判らないけど長年辛かった頭痛や腰痛が軽減されるケースもあります。

やっぱり美容作用でしょ?

一番注目される美容作用ではアンチエイジングがありますが、酸素濃度が上昇して細胞が活性化されると抗酸化作用が働いて、身体の錆びを取り除いてくれるのです。肌のハリが出て、血液の流れが良くなるのでデトックスなど排出能力も一気に改善されます。但し妊婦や甲状腺機能異常などの疾患がある場合は禁忌事項になっていますので、疑いのある方は事前に検査すると良いですね。今まで薬剤などで治療してきても冷え性が治らなかったなら試してみてはどうですか?

血液クレンジングはの効果としては、血流が良くなるので冷え性に効果があります。また、血液が活性化されるのでアンチエイジングにも効果が高いです。