2015年11月6日

歯並びのコンプレックスを解消する方法をご紹介

前歯が出ているコンプレックスをどうにかする

単に前歯が出ている程度であればワイヤーによる歯列矯正がお勧めです。ただワイヤー矯正では時間もかかり見た目も良くないので成人になると避けたいと考えます。そういったケースではオールセラミッククラウンで歯列をキレイに並べられます。重度の出っ歯などであれば顎の骨を手術によって治す外科的療法が選択されますので、自分の症状に合った方法を選びます。また値段もそれぞれに違いますし年齢によっても変わりますので状況に合った方法を考慮します。

八重歯やガタガタな歯並びで印象が悪い!

最初はやはりワイヤーによる歯列矯正を勧められますが、ワイヤー矯正の歯根移動だけでは納得のいく結果が得られない場合もあります。そこで短期間で結果を求めるならオールセラミッククラウンやラミネートベニアと呼ばれる方法を考えます。オールセラミッククラウンは自然な色味なので違和感もなく金属アレルギーにも対応しているので、敏感な体質の方にも問題なく使用出来ます。ラミネートベニアは付け爪感覚でセラミックシェルを歯に取り付ける方法です。

ガミースマイルって知ってる?

笑った時に歯茎が出てしまうケースをガミースマイルと呼び、印象が悪かったり品がないイメージを持たれてしまいます。治療法として上唇の筋肉が過剰に活動しないようにするボトックス注射が使われる場合もあります。他には上顎の骨を矯正する手術などで骨格を修正する方法があり、ワイヤーなどでは治療しにくいコンプレックスです。歯列自体はそれほど悪くないのにガミースマイルであるばかりに歯並びが悪い印象を持たれて損をしますので早急に治療します。

子どもの出っ歯の矯正に最適な時期は小学校中学年から高学年です。治療費は75万円くらいで、治療期間は2年半〜3年半です。